日本ではマイナーですが感動が溢れる程のツール・ド・フランス

数年前まではサッカーにハマっていて、代表の試合ともなるとスタジアムが遠くても喜んで出掛けていました。前日の代表の公開練習にも顔を出していましたね。ところがサッカーが段々退屈になって来たのです。
その理由は、選手たちは一生懸命頑張っているのでしょうが、その気持ちが伝わって来なくなったからです。
スタジアムで応援する一番の喜びは選手と一体化する事だと思っていますが、選手の前向きな姿勢が伝わって来ないのです。一体になれないのです。選手が無意識に代表という地位にあぐらをかいてしまってひたむきさというスポーツでは欠かせない魂のようなものを忘れてしまった、そんな思いが湧き上がって来たのも原因だと思います。もちろん、選手は選手で全力を尽くしているとは思います。ただ、日本代表として戦う姿勢が私には見えて来なかったのです。
そんな折にふと目にしたのがツール・ド・フランスという自転車レースでした。ロードバイクに乗ってサイクリングに出掛けたりする私ですが自転車のレースは始めて観るものでしたね。
レースは21ステージがあり、約3週間の日程でほぼ毎日行われます。一日のレースの所要時間は6時間にもなります。余りに長時間で飽きないのか不安になるほどです。

しかしです、このレースを観た瞬間、あっという間に引き込まれたのです。
はっきり言って日本人選手は数える程です。全くいない事もあります。それでも無名の外国人選手にまで思いっきり拍手を送りたい気分になれます。
そこにはサッカーが失ってしまったひたむきさがぎっしり詰まっていたのです。
レースは簡単に言えば1チーム9人で、一人のエースを勝たせる為にアシストと言われる他の8人が、時にはエースの風よけになり、時には息絶えそうなエースを励ましながら引っ張っていく、エースの自転車が故障したら自分の自転車をエースに捧げる、そして皆が一丸となってエースを勝たせる、そんなスポーツと言うより人間ドラマのようなレースなのです。

とにかくアシストはひたむきです。倒れる程エースを引いて力尽きて消えていきます。そんな場面が所々に散りばめられています。今まで他のスポーツでは味わった事のないチームワークの強さと人間臭さを感じるスポーツでしたね。
このスポーツはヨーロッパではサッカー・テニス・ラグビーに並ぶほどのスポーツです。ベルギーなどでは大きな大会にになると視聴率が80%にもなるそうです。
そんな人気の秘密が良く分かりました。今では他の自転車レースも軒並み観る程のファンになりました。
このスポーツは日本人に強い選手が少ない事もあって日本ではマイナーですが、是非皆様にお勧めしたいスポーツですね。人間ドラマを観たい人は是非騙されてみたと思って観て下さい。

きっと溢れるくらいの感動が得られると思います。
自転車のレースのオススメはやはり最高峰のレースと言われるツール・ド・フランスですが、ジロ・デ・イタリアブエルタ・ア・エスパーニャと言ったそれにも負けないようなレースもあります。
こちらもオススメですね。

f:id:ayano6718:20180110093805j:plain

完全予約制になってきている耳鼻科

歯科は完全予約制になっていることが多いです。
診療時間内に診察、治療を行うことができる人数に限界がある、ということなのでしょう。

最近では耳鼻科も完全予約制のクリニックが増えてきたと思います。

特に耳鼻科は花粉症のシーズンになると、大変混雑をします。
普段あまり通院をしないような人も花粉症シーズンには耳鼻科を受診して治療を受け、薬を処方してもらう、ということがあります。
そうなると混雑をしてしまいますし、患者も待ち時間が長くなってしまいます。
完全予約制にしたほうがスムーズということもあるのかもしれません。

花粉症シーズンが本格化をすると、診療時間を延長してくれるクリニックもあります。そういうところにかかると予約も比較的取りやすくなるようです。
予約をしてその時間通りに受診をすることができれば、待ち時間が長くてイライラすることもなくなってくるでしょう。

花粉症などのアレルギーの場合、薬を霧状にして吸入をする治療を受けることがあります。
これを行うと鼻づまりも解消するので、スッキリします。
この治療と同等とまではいきませんが、点鼻薬を使って症状を緩和させることもできます。
点鼻薬も耳鼻科を受診した上で処方をしてもらったほうが安心することができます。

昔は耳鼻科といえば、治療が痛いというイメージがあったようです。
しかし最近では治療の際の痛みも軽減してきていますし、治療方法もキチンと説明をしてくれるクリニックが増えてきているので安心できます。
花粉症の場合にはレーザー照射をして症状を抑える治療方法もあります。
どういう施術になるのか、ということもクリニックのウェブサイトで公開しているところがあります。
今はインターネットでクリニックの情報も公開されていますし、予約もウェブサイトから行うことができるようになっていることが多いので、通う前にはどこのクリニックがよいのか、事前に調べることもできるようになっているので便利です。

カローラフィールダーについて

カローラフィールダーは、トヨタが発売しているステーションワゴンです。今の日本車ではステーションワゴンの種類が少なく、希少な存在といえると思います。カローラフィールダーはスバルのレガシイなどと違い、5ナンバーサイズのワゴンであり、初心者でも運転しやすいと思います。また、値段も比較的安く、購入しやすい価格帯の車といえると思います。

現在のモデルには、ガソリン車の他にハイブリッドタイプが用意されており、エコカー時代にマッチした車になっています。
ステーションワゴンですから、ラゲッジスペースもとても広く、後席を倒すことによりより広いスペースとなるため、非常に使い勝手がいい車だと思います。
また、ホイールベースが長いため、後部座席の快適性もなかなかいいと思います。
ミニバンと比較しても軽量であり、車高も低いため、走行性能は高いのではないかと思います。高速道路を運転したことはありますが、追い越しなどもスムーズにでき、パワー不足ということはありませんでした。

日常的に使う上でも、運転し易い大きさに仕上げられており、普段使いにもちょうどいい車ではないかと思います。デザインは好みが分かれるところですが、最近のトヨタ車らしいデザインに仕上がっていると思います。

f:id:ayano6718:20150530161610p:plain

ボディーコーティングでまるで新車の輝きによみがえりました。

私の愛車は平成21年式のトヨタ ハリアー240Gの黒です。以前からこの型のハリアーにあこがれており昨年、中古で購入しました。黒というボディーカラー上どうしても小傷や洗車傷がつきやすく購入時から細かな傷やくすみなどが目立っていました。

磨けばどうにかなるだろうと思い、様々なワックスや洗剤を使いましたが思ったほどきれいにならず半ばあきらめムードでしたがいつもメンテナンスをお願いしている車屋さんにオイル交換で訪れたときに偶然そこの車屋さんでオークションで落札した車がガラスコーティングを終えて戻ってきたところに居合わせました。
その車は日産のセレナで年式は20年式と私とほとんど変わらないのにも関わらず映り込むような艶とすべすべの塗装面でまるで新車のようでとても中古車のようには見えませんでした。車屋のオーナー曰くこの車もオークションで落札した時点では小傷やくすみが多く私のハリアーよりも状態は悪かったそうです。そんな状態でもこんなにきれいになるのだと感動した私はセレナの施工したガラスコーティングに興味を持ち早速、次の週に車を預け施工してもらうことにしました。施工前にはコーティング業者の方に丁寧にコーティングについての説明を受けました。

ガラスコーティングはワックスよりもはるかに硬くて長期間撥水と艶を維持できる被膜を形成してくれる夢のようなコーティングです。そのコーティングの持つ力を最大限に引き出すためにまずすることはボディー全体を専用の磨く機械で徹底的に磨きくすみや水垢を落とし艶を復活させていきます。下地を整えた上からガラスコーティング剤を施工し乾燥させ拭き上げれば施工完了となります。施工後はキズやくすみの全くない映り込むような深い艶と高い撥水性で新車のような輝きを取り戻すことができました。

定期的なメンテナンスを受けることで約5年間という長期間コーティングが持続するそうです。普段の洗車もカーシャンプーで洗うだけで汚れもすぐ落ちて吹き上げると見事な艶になるので洗車が楽しくてしょうがないです。さらに今までワックスがけまでしていると半日かけて洗車していたのに対し今ではカーシャンプーで洗った後に吹き上げるだけなので1時間少々に短縮されたので洗車の手間が何倍も楽になりました。ガラスコーティングの施工は中古車に乗っていたり長年乗って塗面のくすみや小傷が気になっているオーナーの方たちには是非お勧めしたいです。

http://web1.kcn.jp/saikyou-auto/maintenance/MaintenanceInterior.html

動物園は小さい子にとって不思議や驚きがいっぱい

主人の転勤で引っ越すことになり、歩いてかなーり遠いですがまあ歩ける距離に私も小さい頃何回か行ったことのある動物園がある物件に引っ越しました。
近所に公園があるので普段は公園で遊んでいるのですが、ずっと公園ばかりでつまらないかなあと思ったときにふらっと動物園に行きます。
片道40分でアップダウンの激しい道ですが子供はベビーカーだしまあ私が頑張れば交通費もタダで入園料は年間パスポートを購入したし!とそして今日もふらっとな感じで動物園に行ってきました。

到着すると子供もテンションが上がってベビーカーから降りてダッシュで一番はじめに見ることのできるレッサーパンダのガラスに張り付きます。
何度見ても可愛い!と2歳児が女子高生のようにきゃあきゃあ言いながら見ているのを見て連れてきてよかったなあと思うのです。
そこを抜けると足跡の書いてある通路で何の足跡かなあなんてその足跡に沿って歩いたり、ボードの答えを確認したりはしゃいでいます。
サルのきいきいに騒いだり、アザラシ、ホッキョクグマなどの水槽を覗いてみたりを過ぎると、そういえば実家に私が乗っていた写真があったと懐かしく感じるライオン、象の置物があり動くわけでもないその置物に子供がよじ登っているのを見て私もこんなだったのかななんて暖かい気持ちになりました。
それからキリン、ゾウ、ライオン、トラなど動物園のメインともいえる彼らを見た後は子供が「餌をあげたい。」とコイに餌をあげることに。年末年始はやる気のないコイたちも平日は必至で食いついてくるので、子供はげらげら笑いながらコイに餌を投げて喜んでいました。ただここにすぐ近くに水道がないので手が何となく餌臭くなるのがちょっっと嫌ですが。

そしてこの動物園ではウサギやモルモットなどと触れ合えるブースがあるので子供とウサギを抱っこすることに。
バスマットを膝の上にのせてもらってまだ小さいうさぎをなでたり抱っこするのですがあったかくてふわふわしていて持って帰りたくなるくらいかわいいと私のほうがウサギにメロメロになってしまいます。
娘はウサギよりひよこのほうが好きなようで結構ドライな感じでウサギは撫でていましたが楽しんでいたようです。
そこのブースにいるしゃべるオウムに毎回話しかけるのですが10回に1回くらいしかおはよー!と言ってくれないので毎回めげずに話しかけて顔緒を覚えてもらおう!とする子供を連れてただの滑り台へ。

ここにはかなり長いローラー滑り台もあるのですが残念ながら4歳以上しかすべれないのでこの小さい滑り台で我慢してもらっています。
まあ我慢といってもかなりこの滑り台が好きな子供は何十回と遊んでいるのでお気に入りなんだと思いますが。
最後にペンギンのブースに行くとたまたまペンギンのえさやりに出くわし子供も餌をあげさせてもらえることに。生臭い!と言いつつルンルンですごい勢いで魚を投げてペンギンに「たべてねー!!」と手が魚臭くなるまで何回も投げていました。
さて今日も楽しかったねと言って毎回出口に行くと必ず行くのが「お土産ショップ」地元だしお土産を買うようなところにきたわけではないよと事前に説明してはいるのですが、確かに私も小さい頃買ってもらった気がするぬいぐるみやご当地のお菓子に動物園に行ってきましたクッキーってかわいいんだよなと気持ちはわかるけどもと今日も何も買わずに帰宅。
帰り道もアップダウンの激しい道を通ってせっせと私が歩いている中ベビーカーで子供はすやすやとお昼寝。その顔はとても満足気でどんなに大変でもまた連れて行ってあげようと思いました。

無事に帰宅し寝ている子供を抱っこしたら魚のしっぽが出てきたので?!となりましたがどうやら勢いよくなげたえさがフードに入り込んでいたようで。生臭いお土産付きの今日の動物園でした。

薬剤師にしかできない第1類販売と最終声掛け

病院や薬局に行って一番最後に薬の詳しい説明をしてくれるのは「薬剤師」ですよね。ある意味医者よりも患者にとっては重要な情報を伝えてくれる人であるかもしれません。

薬剤師というのは現在引く手あまたの職業だと思います。
なぜなら、昔の様にスーパーの一角とかに薬を陳列して販売しているところもあれば、コンビニやホームセンターなど新規参入する店舗・場所が増えているからです。

第2類までの薬であれば登録販売者が在籍していれば販売も説明も可能ですが第1類の薬に関してはどうしても薬剤師がいなければ販売できません。
病院へかかっている人がすでに何種類かの処方薬を飲んでいる状態で店頭へ市販の薬を買い求めに来ることだってあります。
そんな時には薬剤師が薬を追加で飲むことが出来るかどうか、飲み合わせによって体に害がおこったりしないかなどといった事をきちんと説明しなければいけません。
それは薬剤師にしか出来ない仕事です。

病院勤務の薬剤師は大きな病院になればなるほど、その需要の差を感じるでしょう。
病院はどこも患者さんでいっぱいです。
診察までの待ち時間、患者さんはつらい思いをしながらじっと耐えています。
やっと診察室に呼ばれても、その場で詳しい薬の説明を聞くことはできません。
薬を受け取って帰る時に「お大事に」と言って下さる言葉で、患者さんは少しでも元気になることが出来るのです。

薬剤師さんは薬の説明だけでなくそういった患者さんへの声掛けも大切なお仕事なんですね。

f:id:ayano6718:20170209085552p:plain

オペラ座の怪人は特別なミュージカル

NHK・Eテレで放送されている「ミュージックポートレイト」は2人のゲストが人生で大切な曲を10曲選んで紹介する番組です。
ミュージカルの大スター、大地真央さんと市村正親さんの回で市村さんが5曲目に紹介した曲は「オペラ座の怪人」でした。
この曲で市村さんはNHKの紅白歌合戦に出演したことがあるとのこと、今回初めて知りました。
その紅白の映像が流されました。舞台さながらのセットで市村さんが歌い上げていました。
市村さんのファントムを聞いたのは初めてです。
ファントムはテノールのイメージだったので、ちょっと声が細いかなと思いましたが、市村ファントムとしての個性があってよいと思いました。
1988年に日本版の「オペラ座の怪人」は劇団四季によって始めて上演された時のファントムが市村さんです。
市村さんが「笑っていいとも」のテレフォンのコーナーへゲスト出演した時に「オペラ座の怪人」の番宣をしたことを覚えています。
1990年に市村さんは劇団四季を退団しており、その後は別の人がファントムを演じることになります。
その後、わが町にも四季の劇場が出来て、最初に上演されたのが「オペラ座の怪人」でした。
知り合いが勤める会社でチケットが安く手に入るからと言われ、付き合いで見に行ったのがこのミュージカルとの出会いです。
その時のファントムは山口祐一郎さんです。

迫力のある歌声に魅せられて瞬く間にファンになってしまいました。
その後、4度ほど同じミュージカルを観ました。
そのうち、2度は別の人がファントムを演じていましたが、山口さんのファントムが一番好きでした。
オペラ座の怪人」というミュージカルはなんといっても音楽です。
アンドリュー・ロイド・ウェバーという作曲家の曲は、同じフレーズを何度も繰り返すことによって人の心に曲を印象付けします。
その結果、ずっと曲が頭から離れなくなるのです。
ロイド・ウェバーの作品はどれも曲が印象的なんですが、やはり「オペラ座の怪人」がミュージカルとして一番です。
その後、山口さんも劇団を退団し、山口さんのファントムを観る事はできなくなりました。
山口さんがミュージカルスターとして一番勢いのあった時期に山口さんのファントムを観ることができたことに感謝しています。

2004年に映画版の「オペラ座の怪人」がロイド・ウェバー監修で公開されました。ミュージカルがそのまま映画になったようでした。
映像、音楽ともに素晴らしく何度観ても飽きませんでした。
自分は本当にこの作品が好きなんだなあと思います。
ただ、基本的には山口さんのファントムが好きなため、その後、別の人が演じる四季の作品は観た事がありません。
山口さん以上のファントムは今後の出てこないとさえ思っています。

f:id:ayano6718:20161213160629j:plain