活性汚泥で排水処理することをだれが考えついたのでしょう

活性汚泥で排水処理するなんてことを、

いったいだれが考えついたのでしょうね。

調べてみると、活性汚泥で排水処理をするという方法は、

1910年代に考え出されたということです。

だれが考えついたのかということを見つけられないのですが、

このような方法に特許などの権利があるのかどうか

ということはわかりませんが、もし特許などがあるのなら、

大金持ちになっているのかもしれませんね。

日本にどのくらいの数の下水処理場があるのかということも

調べてみたのですが、

日本には2100くらいの数があるということです。

そして、そのうちの840くらいが、

排水の処理に活性汚泥を利用しているということです

ただし、この840以外の下水処理場でも、

微生物を使った方法で下水処理をしているのだそうです。

微生物が大活躍しているということなのですね。

日本に2100の下水処理場があるということですが、

この数って、どういう感じを受けるでしょう。

多いという印象でしょうか。

それとも少ないという印象でしょうか。

イメージができない感じがします。

下水処理で出てくる泥の量というのは、

1人1日4kgくらいだそうで、

その99パーセントが水だということです。

1人1日に4キロも水を使っている

という計算と考えていいのでしょうか。

いずれにしもて様々な技術革新によって排水が

綺麗になって、ひいては河川が綺麗になればいいですね。

f:id:ayano6718:20150704093955p:plain