会社設立する場所は生い立ちによって決まる

もしも、アメリカで会社設立してみないか

と誰かに誘われたならば、その誘いに対して乗ることが

私は考えられないです。なぜなら、日本とアメリカは

遠く離れていてとてもではないですが

馴染みのもてる場所ではないからです。

サラリーマンでも何でもビジネスをしていれば、

そうした話を持ちかけられたりする可能性は十分あります。

世の中にはどんなチャンスが転がっているのかわからないので

アメリカで会社設立することもそのチャンスの一つです。

ただ、それを活かすためにはいろいろと不安な点が多いため、

そこですぐに「イエス」とは返事ができないのです。

まず、英語が話せるかどうかという問題が立ちはだかりますし、

土地勘がないというのもやはりマイナスに働きます。

さらにアメリカの文化や歴史独特のならわしや風習などは、

実際にアメリカで住んだことがなければわからないことです。

日本でずっと住み続けていたならば、それらのことは

知識としてしか知ることがなく、実体験をしていない

とアメリカはやはり遠い存在としか思えないです。

ただ、裏を返せばそれらの体験をしている人ならば、

そこまでアメリカで会社設立することが難しくないのかもしれません

日本もアメリカも大差なしと考えられれば大したものですし、

実際にそういう考えを持っている実業家はいると思います。

それを考えると、会社設立する場所というのは

それまでの生い立ちによってある程度決まるのだ

と私は思っています。