視界を見た目を良くする眼瞼下垂の治療について

顔の見た目が人の印象を左右してしまうのは、今も昔も同じです。

日本人は縄文系と弥生系という表現がされるように、日本人といっても多様な見た目のある民族です。

縄文系と一般にいわれるのは、目が大きく彫りが深く、男性は体毛が濃いという特徴があります。これは東日本にとくに顕著な傾向が見られ、九州南部や沖縄も同様の特徴が強くあります。

つまり縄文系の特徴を備えているほど、縄文人の遺伝子が強いとされるのです。一方で弥生系と一般に言われているのは、目が細く一重まぶたで体毛が薄いというような特徴です。

この人種的特徴は、中国大陸のモンゴロイドによりもたらされたと言われています。

日本人は大きくこの2つの種類が混ざり合っている民族なのです。

目つきが鋭い、目つきが悪いというのは、人間の印象を決定づける大きな要素です。

眼瞼下垂は遺伝的な原因と、加齢や眼筋の疾患により起こる症状です。遺伝的な場合には、べつに目が細いことは、揶揄されても気にしなければ良いという話にもなります。

披露が蓄積して症状が出る場合があり、この時は睡眠をよくとって疲れを癒やせば自然と治ります。

眼瞼下垂は、視界を妨げたり眼精疲労を起こすこともあり、そうなると治療の必要が出てきます。

治療は自然に回復させる方法と、目蓋の切開を行って整形をする方法があります。

見た目を良くすることもできるメリットがあることから、近年は切開をして治療する方法を選ぶ人が増えているそうです。

f:id:ayano6718:20150920114200j:plain